FC2ブログ

カリー屋さん


カリー屋さんへ行ってきた。
東和町(西鉄駅東側)交差点近くの
1981年創業という古参カリー屋さん


よく分からなかったので「サリーセット(1900円)」でいってみた
カリーは「カシミール・インド・チキン・・・」等6種類から選ぶ
それにナンorサフランライス、タンドリーロティorウスバナックナンの
4種から選ぶのだが何の事やらさっぱりなのでサフランライスにした




まずは「サラダでございます・・・」と出てきたのがコレ

141212_01Sallyサラダ


なに!?これがサラダ?
何やらプルンとした食感
詳しくは分からないがヨーグルト風味の不思議な一品



ほんで自家製ヨーグルト、ピクルス、チーズ

141212_02ヨーグルト等


カリーに入れるもよし
ナンに乗せたり混ぜ混ぜしたり

ヨーグルトは酸味がすごく強かったので
カリーに入れると味が変わってしまった




で、サフランライス

141212_03サフランライス

ご飯の炊き方が絶妙で
手でつまんで食べられるかも
でもしっかり炊けている不思議な感じ



インドカリー

141212_04インドカリー


スパイスの香りがそこいら中に広がる
メニューには辛さの★が3つ
ひとくち目よりもふたくち目
そしてジワッと吹き出してくる汗・・・
ただ辛いだけではない 塩分もかなり控えめ 
そしてスープを丁寧に作ってあるのが分かる




カシミールカリーとナン

141212_05カシミールカリーナン


バター無しでシンプルなナン
辛さの★が5つのカシミールカリー
スパイスがとても優しく身体に染みる
辛いのだが とても心地よい辛さで
ジワジワと毛穴が広がり迫ってくる汗


食べた後も胃のもたれ感ゼロ
それよりとても爽やかな感覚

おれ今なに食べたんだっけ?

そんな肩すかし感は来雷軒に通ずるものがある




あぁ・・・とても幸せな時間なのでした




関連記事

COMMENT 12

たに  2014, 12. 12 [Fri] 19:43

カリーがカリィ~(笑)

どうもです!

カリー屋さんですかぁ。

サラダと言われて全く想像だにしなかったものが出てくるとか、そうないですよね(笑)だってサラダはサラダですもんΨ( ̄∇ ̄)Ψ

カリーにヨーグルト入れた事はないんですが、酸味がカリーにプラスされるとか想像しきらんです。だってカリーは辛くてスパイシーなのがカリーです、僕の中では(  ̄▽ ̄)


…とゆーか、カリーに1900円ですか…出しきらんですよぉ(汗)その値段の方に汗が出そうで(笑)

市販のジャワカレーで充分ですぅ!



余談ですが、大好きな激辛ペヤングが回収されて当面食べられそうになくて凹みます。

Edit | Reply | 

TARZAN  2014, 12. 13 [Sat] 07:51

実は・・・

たにさんどうもお早うございます!

実は前夜先輩方と飲んでた時 この店の話題が出て
そんじゃ明日昼時集合〜〜!ってなったわけですよ。
で、みなさん忘れてらっしゃった(笑)


噂には聞いていましたが(高いって)かなりうまかったですよ。
たまにゃこういう時間があってもよいかも。

カレーはカレーだろう?
想像の範囲内で考えられる以上のうまいものは無い!
いやはやお金だけでは語れないモノもあるのですね。
だからと云って毎週行けるほど余裕はございませんが(笑)

自家製のヨーグルトは酸味が強烈で
量を間違えると残念な結果が待ってます(^^;)


噂の激辛ペヤングは食べたこと無いです〜
ガキの頃からお菓子には無頓着なほうでした。

Edit | Reply | 

pirolin  2014, 12. 14 [Sun] 04:01

上質なスパイス

そろそろ行こうかと思ってたとこでした。
10年ぶりくらいですが、、( ゚д゚)

確かにサリーは別格ですね。
めっちゃ辛いし汗が大量に吹き出すのに食後は爽やか。
胃が爽快になって食べ終わって逆にお腹が空いたり…(^o^;)
薬膳みたいなもんでしょうか。

どこぞで青酸カリーとか食べたら次の日下痢して大変でしたが、
スパイスの質が違うとしか思えません。

オープンした頃からカリーだけで1000円、ライスが500円で計1500円って感じでしたが、それで続いてますもんね。
モンスターケーブルが1m1万円でも仕方ないのと同じか…

こういう本物志向の店が何気にあったりするのが久留米の凄いとこだと思います。
まだ未訪問ですが 、あだち珈琲も凄そうで気になってます…(゜o゜)

Edit | Reply | 

TARZAN  2014, 12. 14 [Sun] 08:20

ありゃ

何なんですかね?
食べた後の爽快感ちゅうか食べたよね?感。

デザート時に店主がテーブルへ来られていろいろ話したんですが
スパイスなど厳選されているのはもちろんの事
スープにも並々ならぬ手間暇かけてあるようですね
それにやっている事への絶対の自信と妥協の無さ。

月イチで通う事になりそうです。

あだち珈琲・・・また宿題が増えた(笑)

ケーブルにお金出す人は信じられんです。
科学的な数値の変化はあるのでしょうが
人間に聴き分けられる能力はないというのが私の意見。
安心料だと思っています。

Edit | Reply | 

pirolin  2014, 12. 17 [Wed] 21:43

SPケーブル

想像ですが、ターザンさんとケーブルの長さが違うんじゃないかと思います。
うちはパワーアンプが左右独立なんで SPケーブルは最短の1.5mで繋いでます。
JBL純正→ van den Hul→ MONSTER CABLEと変遷しましたが、
編込みが緩いとボワンとした締まりのない低音になったりと
個性がはっきり音に出ますよ。

スピーカーのターミナルの所で酸化して音が日々劣化するんで、
NASA御用達の高伝導性ハンダで接着して使っております、、(^o^;)

Edit | Reply | 

TARZAN  2014, 12. 18 [Thu] 11:02

Re:SPケーブル

ハイエンドオーディオの世界と我々の現場では
目的が全く違いますから何とも云えないのです

会館などの設備音響になるともっと酷いもんです
ホールの最後部に位置する音響ルームの横にアンプ部屋があり
そこからプロセやカラムSPへケーブル引っ張り回してます
いったい何メートルあるんじゃ?(笑)

最近ではPCでアンプをコントロール出来るようになってきたので
SPの近くにアンプを置くことも可能になってきましたが
メンテの事を考えると一長一短ですね



出来る限りの中で最高の状態を作り出す
これはホームオーディオの究極の醍醐味
お金と時間だけが許してくれる最高の遊びです

ただ1m何万円もするようなケーブルや
超高価なコネクター&端子には否定的です

もちろん変えれば音は変わります。
ケーブルが持つ特性や製作側の思惑は意図的に変えられますからね。
メーカーなんてそんなもんだと割り切ってたほうが無難です。


要するにピュアオーディオを目指すのか
自分の好きな音に変えてしまうのか

まぁ安心料みたいな部分だと思うのですが
それを納得して楽しむのはOKだと思います

ブラインドテストするとよく分かるんですが
人間の感性ってかなりいい加減なもんですよ
耳と舌はその最たるものだと思っています。


余談ですが
厳密に云えばSPは四角い箱に入れた瞬間からNGだと思います
その点タイムドメイン理論には納得できる部分が多いです。
TDのSPって聴かれたことありますか?



PS:NASA御用達のハンダが気になります(笑)
メーカーなど分かればお願いします。

Edit | Reply | 

TARZAN  2014, 12. 18 [Thu] 15:44

ハンダ

調べてみました。
もしかしてAlmitですかね?

Edit | Reply | 

pirolin  2014, 12. 27 [Sat] 12:51

ハイエンド

タイムドメイン、調べてみました。

由井さんがおっしゃってることはハイエンドでは当り前の事ばかりで、あまりピンと来ませんでした。
音圧による共振でゴーストが発生するのをいかに減らすか、というのはピュアオーディオが本来目指しているところです。

そのためにフィルターや安全回路を取り除き限りなく一本の線に近づける。
その線を可能な限り短くする、最良の素材で作る。
回路をリジットに固定して振動を極小にする…

ユニットを上向きにして重力の影響をかわすというのはおもしろいですが、それでは音場再生が犠牲になってしまう。
8cmのフルレンジだけでは重低音が出ない。

それだったら平面スピーカーの方がいいでしょう。
重力の影響は最小だし、音場の再現性では抜群ですから。
ところが重低音が足りないからマルチになっていくわけで…

由井さんはスピーカーケーブルは細ければ細い方がいいと言ってますが、
それは8cm一本だからであって、38cmウーハーをタイムラグなしに駆動するには大量の電流を瞬時に供給できる太さも必要です。

ところが太くすると内部反射によるゴーストで音像がぼやける。
そのケーブル内の反射を最小限にするのがメーカーの技術力でしょう。


ハイエンドの世界に「安くていいもの」は存在しません。
金に糸目を付けずに世界中から最高のものをという世界ですから。

F1カーは一台7億円するそうですが、世界最高のパーツを集めるとそのくらいかかるってことですよね。
自転車でも最高のパーツを集めると300万くらいかかります。

オーディオもハイエンドの世界になると、高ければ高いほど、重ければ重いほど良い音がします。

値段相応の価値のない製品が存在するのはむしろミドルレンジあたりだと思います。

「本物」の境界になってるのが1Kg1万円、1m1万円。
おもしろいことに食べ物にも当てはまるんですよ。
例えば100g1000円の牛肉。高級和牛の入口くらい。

オーディオではキロ1万以下の物には目をくれない、
というのが経験的に出来上がったルールです。
それ以下のに手を出すと結局無駄使いになっちゃうんですよ。
押入れにそんなゴミがいっぱい溜まってたり…^^;

ハンダは馴染みのオーディオ屋さんの持ち物です。
ハンダも拘りのヤツを色々持ってあったんですが、
残念ながらその店はもうなくなってしまいました。。

Edit | Reply | 

TARZAN  2014, 12. 28 [Sun] 10:34

ふむふむ

なるほどですね。
今度、お宅で音を聴かせてください。
ライブ音源持って行きます。

Edit | Reply | 

pirolin  2015, 01. 08 [Thu] 21:12

それがですね・・

いずれTARZANさんに相談しようと思ってたんですが…

僕がオーディオにハマってたのは25年前でして、
結婚を期に機材は長年お蔵入りになってました。

10年ばかり前に箱から出してみたんですが、
パワーアンプのヒューズボックスが折れて電源が入らない状態。
片側だけどうにか起動できて左チャンネルだけで時々鳴らしてました。

スピーカーのコーンエッジはひび割れだらで劣化が著しいですが、
JBL4312を持ってる知人に聴かせたところ「こんな世界があったんですね…」と言うくらいの音は出てました。

ところが先日電源を入れてみるとサブのCDプレイヤーが死亡。
ターンテーブルはというとモーターは動くもののベルトが外れて回らない (ToT)
アンプが生きてるかどうかもわからない状況になってしまいました。。

でもネットをググッてみたところ同じ状態の人が居て、ベルトを交換すれば治るとのこと。しかもネットで手に入ることも判明しました。
そのうち交換してテストしてみますね。

ちなみに機材の構成はこんな感じです。
ターンテーブル : Thorens TD520 super
カートリッジ  : Thorens MCH II (EMT XSD-15相当)
トーンアーム  : SME 3012R PRO
フォノイコライザ: CounterPoint SA-139st
パワーアンプ  : MARK LEVINSON No20L
スピーカー   : JBL 4344

この中で突出してるのがパワーアンプのNo20で、
当時世界最高峰の弩級アンプで定価280万の代物です。
今考えると恐ろしいことしてます、、

このアンプの解像力は凄まじくシステムのアラが全て音に出てしまいます。
例えば接点を2日も磨かないと音が飛び出さなくなります。
5分おきに音が濁ると思ったら隣人のコタツのサーモスタットのせい、、^^;
夜中になると音が澄み切るんですが、周辺の電気使用量とノイズが減るからみたいでした。

出力はたった100Wしかないんですが、電源投入時にブレーカーが落ちるほどの大食いなんで電力不足を疑い、九電の契約アンペアを上げて専用のブレーカーから直接日立電線のOFCケーブルで給電したところ劇的に音が広がるようになりました。
こりゃ発電所の近くでもに越すしかないかと思ったりもw

そんな風なんでスピーカーケーブルも理想のケーブルを求めて代理店から借りて試聴したりしてたんでちょっと煩いんですよ(笑)

しかしまぁ、接点磨きから始まって暖機運転1時間やって夜中を待つ、
定番のレコードで音をチェックしながら微調整してやっと音楽が聴ける(笑)

とてもゆったり音楽を楽しむなんてできません。
その代わりキマッた時は目の前にスティービーワンダーが浮かび上がります。
人の気配まで再現されますからほんとに鳥肌が立ちます。
ステレオはマイクの周りの空間をそのまま三次元で再現できることを初めて知りました。

そんな生活を1年ほどやったんですが、音質劣化との戦いに疲れたのもあってオーディオを仕舞い込んだんです。

しかしせっかくの名機が目の前にあってヒューズボックスの破損で動かないのも哀れなんで、修理する方法がないものかTARZANさんに聞いてみようと前から思ってたんです。

ターンテーブルが回ったらウチに一杯やりに来てください。 (^^♪

Edit | Reply | 

TARZAN  2015, 01. 10 [Sat] 15:40

あらら

Pirolinさん

そう云うことでしたか・・・
その世界まで行かれましたかぁ。
>接点を2日も磨かなければ・・・
考えたくないです(笑)


私は現在PAやってますが、十代後半からちょっと市内某オーディオショップ(後にPAも始める)にも在籍していたので、その頃JBLやガウスALTECなどの音は聴いて知っていましたし、市内外のマニアの方々とも交流があったりでお宅にお邪魔しては知識を吸収していたという時代もありました。
で、日田時代・・・
親分がオーディオ好きが興じてPAを始めたようなところで、1980年代PA現場で使うパワーアンプは全てAccuphaseのオーディオ用、M60やらP600やらetc...そんな感じでした。
親分の部屋にはJBL4355が鎮座していて、そのシステムでそれまで聴いたことなかったプログレ(PinkFloydやらKingCrimsonやら)を大音量で聴くのが楽しみでもありました。

やはりお持ちの機材は定番というか高嶺の花というか憧れというか、素晴らしいモノばかりではないですか〜(よだれが・・・・)
MarkLevinsonは異次元の音がするんでしょうねぇ〜
(でも知人宅で聴いた4343+ML/型番忘れました/は最悪でした・(笑)



しかしやはり、まずは電源ですよね。
日本の電源は家電の今年か考えてないので無理っすよ。

10年ほど前、PA現場で太陽蓄電池から電源供給してもらった事がありました。
東京からの電源班は2週間前から現地入りして充電されてました。
いつも使っている機材とバンドでしたので違いは一聴瞭然!
この時の音は死んでも忘れないと思います(笑)

では、音を聴ける日を楽しみにしています。




Edit | Reply | 

pirolin  2015, 01. 10 [Sat] 19:05

そうなんです

オーディオの仕事もされてたんですねー
PAまでやられるというとJ.O.Magicあたりですか?
.
僕もハーマンやノアの試聴会やオーディオマニアさん宅で音を聴かせてもらったりしましたが、いい音を聞いたことがありませんでした。

高い機器をポンと置いたらいい音が出ると代理店さえも思ってるのか、客がわかるとは端から思ってないのか…電源や設置方法とか機器が本来の性能を出せる環境を整えてやらないと宝の持ち腐れなのに…

ほんと電源が大事ですよね。料理の水と同じで。
蓄電池から大容量の電流が得られたら最高でしょうねー!

昔オーディオ用の発電機ってのを検討したんですが、
エンジンのは夜店並にうるさいし、モーターだと元の電流以下しか給電できない…と使えそうじゃなかったです。

今なら家庭用蓄電池が使えるかもしれませんね…(^・^)

Edit | Reply |