FC2ブログ

松浦のラーメン(長崎県松浦市)

<その1 松浦ラーメン>
松浦ラーメン・外観
<長崎県松浦市志佐町浦免889-3>

『水軍祭り』なるイベントのお手伝いで長崎県松浦市へ。
実は松浦という街 この歳になるまで来た事が無かった。

昼どきに到着で同行Kハマ氏の意見で暖簾をくぐる。
先客ナシ!
大丈夫か?と不安になるが
マズい店を探す能力は素晴らしい彼なので
勧めるってことは経験済みなのだろうと安心する。

15人も入れば満員の店内は
入ってすぐ左手に4人掛けのテーブルがふたつと
右手にはカウンター。その向こうに厨房というシンプルなもの。

中国人的な発音の店員さんが『チャーハンですぅ』
醤油味なのかやけに茶色がかっている。
松浦ラーメン・チャーハン

ラーメンが来る前にちょいと一口、、、

ん? 甘い。

それもかなり甘い!
いや激甘、、、(-_-)
何だこれは〜〜!? 

ラーメン到着。
松浦ラーメン

飛び魚で取ったダシと豚骨スープが素晴らしくマッチ!
麺はかなりの細麺。
デカイ海苔がドーンと乗っかる。
沈みかけの半熟ゆで卵もよい感じ。

良かったよかった。
これも甘かったらどうしようと思ってた(笑)
(facebookでアップしたら「塩と砂糖を間違えたんじゃ?」という指摘あり)

松浦・麺UP

チャーハンの甘さが惜しい。

ラーメン(600円|大盛り+100円)
チャーハン(600円)
Eセット(ラーメン+小チャーハン)で750円

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

<その2 変竹林>
変竹林・外観
<長崎県松浦市志佐町浦免1482-3>


初日の夜の事、、、
地元のW氏から『ラーメン食べるなら変竹林』との情報を入手(^^)/

最終日の14時過ぎ 空き時間に突撃!
左手にはカウンター8席 右手に変則4〜5人掛けテーブル3つ。
変竹林・店内

昼時は外れているのに 先客3名。
あれよあれよという間に満席となる。
それと同時に期待感は膨らむ。

メニューは至ってシンプル。
ラーメン(400円)
大盛り(600円)
おにぎり(100円)

テーブルの上もシンプル。
変竹林・箸と胡椒

ラーメンもごらんの通り。
変竹林・ラーメン

アゴだしではなさそうだが 味もシンプルでサラサラの小コク。
ちょっと塩気の多い麺は細め。
変竹林・麺

遠賀町の『黒門』風(あの奥深さはありませんが)と云えば分かる人には分かるかな?


・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

<松浦市>

ほんとに今まで全く意識の中に無い街で、伊万里と平戸のちょうど中間に位置し
南へ下れば吉井町経由で佐世保まで40分というところ。
2006年北松浦郡の鷹島町と福島町が合併して松浦市になる。
人口25,000人弱(2011年)
で、単純に昔から漁業の街かと思いきや、明治から昭和にかけては石炭の町として栄えていたらしい。
最盛期の人口は45,000人。
そして歴史を遡ると、元寇の時戦果を上げた武士軍団「松浦党」はここで結成された。
現在、漁業ではアジ・サバの漁獲量は国内ベスト5に入るといい
『旬アジ・旬サバ』(トキアジ・トキサバ)ブランドで各地へ出荷されている。
そして東洋一の石炭火力発電所があるのもここ松浦市。



×○△×○△×○△×○△×○△×○△×○△×○△×○△×○△×○△

このような鯖刺しがリーズナブルに食べられる地元の方々が羨ましい。

焼き鳥<吉兵>
吉兵の鯖刺し

ちなみにこれで525円! すばらしい街だ。
関連記事

COMMENT 0